エステティックサロンは女性が最もリラックスできるところですし、美しくなれるとこです。年齢を問わずいろんな方がエステサロンで心地良い空間と楽しい時間を過ごしています。しかし、なかには妊娠中に施術してもらいたい。と言う妊婦さんもおられます。妊娠中は、特に脚がむくんでしまうことがよくあります。

妊娠中でも安心して通えるおすすめの脚やせエステサロン

臭いや刺激が少いクリームを使った妊婦さんにも優しいエステサロン

エステでは、妊娠中の方でも安心して施術が出来るようになっています。臭いや刺激が少なくて肌に優しいクリームを使用したり、アロマも柑橘系のものを使用していますので、妊娠中の方でも安心して脚やせエステを行うことが出来ますのでご安心ください。きっと心地良い時間を過ごすことができますし、リラックスもできるに違いありません。

妊娠中の脚やせエステ利用の注意点

妊娠期間中に脚やせエステを行いたい妊婦さんは必ず受診している産婦人科で聞いてから行うようにしましょう。そして、安定期に入って少し身体が落ち着いている時に行うようにしましょう。

しかしもし施術中に少しでも具合が悪くなったり、体調に変化が生じた時にはすぐにそのことを施術しているスタッフか周りにいるスタッフに伝えて施術をいったん中止してもらいましょう。また、別の日に施術を行ってもらうことが出来るでしょう。

脚やせエステは妊娠初期には避けた方が良い

脚を細くするのは、セルフケアではなかなか難しいのが現実です。そのため、プロによる脚やせエステは、脚を細くしたいと言う願いを叶えてくれる、とても頼りになる方法だと言えます。ただし、誰しもが脚やせエステを受けることができるのかと言うと、それを避けた方が良い人もいます。その一例として挙げられるのが、妊娠初期の人です。

どうして妊娠初期は脚やせエステに行くのを避けた方がいいの?

妊娠初期は状態が安定していないことも多く、外部からの刺激が思わぬリスクを引き起こしたり、トラブルの発生につながることも少なくはないためです。このエステの中には、特殊な刺激を与える機械を使用したり、むくみに働きかけるために、それなりの力を加えてマッサージが行われることもあります。

そうした刺激が最悪の場合、母親の体や胎児の健康に大きな影響が出てくることも考えられるため、避けた方が良いと言えます。それから脚やせエステにおいては、うつ向けになることが求められる場合もあります。妊娠中は、その時期問わず、うつ伏せになるのはとても危険なことです。このことも、妊娠初期においては避けた方が良いと言える理由です。

妊娠初期や中期は脚が太くなるのは自然なこと

何より、妊娠初期や妊娠中に脚が太くなるのは、ごく自然なことだからです。これは女性ホルモンの働きなどによってむくみが発生しやすくなるため、そして大きくなるお腹を支えるために発生することであり、胎児を育てるためには必要なことだとも言えます。

ですから、危険を冒してまでその状態を解消する必要性は低いと言えます。無事、出産を終えてから解消のために働きかけても遅くはないので、この時期に脚やせエステを受けるのは避けるべきです。